アカウントが乗っとられました

アカウントが乗っとられていても、そのアカウントにログインできる状態で あれば、このページを参考にアカウントを安全に保護し、不適切な行為を停 止することができます。アカウントにログインできない場合は、 こちらのトラブルシューティング をご覧ください。

アカウントの乗っとりが疑われる場合

以下をご確認ください。 - おつかいのアカウントから心当たりのないワカが投稿されている。 - 想察、想察解除など、その他の心当たりのない操作がおこなわれている。 - アカウントが乗っとられている可能性があるという通知をUtagakiから受 けとった。 - 変更していないにもかかわらず、アカウント情報が変更されたという通 知をUtagakiから受けとった。 - パスワードが使用できなくなり、リセットするよう促すメッセージが表 示される。

上記のいずれかに当てはまる場合の手順

1. パスワードを変更する

[設定] の [パスワード] タブでパスワードをすぐに変更するか、ログア ウト後のページで パスワードリセットをリクエストするリンクをクリッ クしてください。過去につかっていない、複雑なパスワードを設定してく ださい。アカウントにログインできない場合は、 こちらのトラブルシューティング をご覧ください。

2. メールアドレスが安全であることを確認する

アカウントに登録しているメールアドレスの安全性が確保されており、自 分以外がアクセスできないことを確認します。メールアドレスは、[ユー ザー情報] 設定タブから変更できます。詳細については、「メールアカウ ントにかんするヒント」をご覧ください。

3. サードパーティーアプリケーションとの連携を取り消す

ログインした状態で、[設定] の [アプリ連携] にアクセスして、心当た りのないすべてのサードパーティーアプリケーションによるアクセスを取 り消してください。

4. いつも使用しているサードパーティーアプリケーションのパスワードを更新する

いつも使用している外部アプリケーションにUtagakiパスワードを使用し ている場合、そのアプリケーションのパスワードもかならず更新してくだ さい。更新せずにログインに複数回失敗すると、アカウントが一時的にロッ クアウトされる場合があります。

これでアカウントの安全性が確保され、意図しない行為がご利用のアカウ ント上で発生しなくなるはずです。問題が引きつづき発生する場合は、サ ポートへお問いあわせください。

アカウントをまもる簡単な対策

アカウントが乗っとられた場合、以下の対策を追加で実施してください。 - アカウントが乗っとられた状態で投稿された不適切なワカを削除する。 - ご利用のパソコンで、ウイルス対策またはマルウェア対策のスキャンを 実施する (とくに、アカウントのパスワードを変更した後に不適切な行為 がつづく場合)。 - ご利用のオペレーティングシステムやアプリケーションにセキュリティ 修正プログラムをインストールする。 - 過去につかっていない、複雑で推測されにくいパスワードに変更する。 - ハッキングやフィッシングを回避する方法の詳細について、「 自分らしいウェイクと安全について 」を確認する。

アカウントが乗っとられる原因 (乗っとりかどうかを判断する方法)

Utagakiアカウントが乗っとられる原因として、悪意のあるサードパーティー アプリケーションやウェブサイトにウタビト名とパスワードを入力した、 単純で推測されやすいパスワードをつかっている、パソコン上のウイルス やマルウェアによってパスワードが収集された、パソコンが接続している ネットワーク自体が乗っとられている、などが考えられます。

意図しない更新がおこなわれた場合でも、必ずしもアカウントがハッキン グされているわけではありません。たとえば、サードパーティーアプリケー ションの不具合によって、予期しない動作が発生することがあります。心 あたりのない動作に気づいた場合は、パスワードの変更やアプリ連携の取 り消し、またはその両方をおこなってください。アプリケーションとアカ ウントの接続が解除され、予期しない動作が停止されます。

心あたりのない投稿や承認していない更新がおつかいのアカウントでおこ なわれた場合は、すぐに上記の対応を実施する必要があります。アカウン トの安全性の詳細については、「 自分らしいウェイクと安全について 」 をご覧ください。